ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
最近の写真
2019bounen_073 (2020/2/16)
2019bounen_073
2019bounen_072 (2020/2/16)
2019bounen_072
2019bounen_071 (2020/2/16)
2019bounen_071
2019bounen_070 (2020/2/16)
2019bounen_070
2019bounen_069 (2020/2/16)
2019bounen_069
テーマ選択

(1 テーマ)

オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 規約・資料 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
トップ  >  TENNIS TEAM LET'S規約
1. 目的
    1.1 テニスサークルLet's(以下レッツ)は、テニスを通して親睦を深め、テニスが上達するよう各個人が努めることを目的とする。
    1.2 レッツは、営利を目的とし活動しない。
    1.3 レッツは、社会通念を守り、順法の精神で運用される。公序良俗に反する行為を助長しない。
    1.4 レッツは、参加者を募集し、行事を開催する。
    1.5 レッツは、会員登録された者の中から、幹事を選出し、運営にあたる。
    1.6 レッツは、事務局は運営にあたり適切な参加費を、参加者に支出依頼する。
    1.7 レッツは、参加者の身体、プライバシーの保護に全力を尽くす。

2. 会則
    2.1 レッツは、参加者を募集し、登録、管理を行う。
    2.2(入会)
      2.2.1 参加希望者は、事務局またはホームページの申請フォームより参加を申請する。
      2.2.2 事務局より登録確認がなされた時点で入会したものとする。以下、会員と称する。
      2.2.3(入会資格)レッツは、下記条件に該当しない限り入会を制限できない。
        A. 営利団体、宗教団体の勧誘を目的として参加したと認められる場合
        B. 過去に、退会を求められ、許可されない者。
        C. その者の入会により、レッツが社会的、あるいは人的、法的に制限を受けるおそれが有ると認められる場合。
        D. 他参加者に著しい損害、不快感、不信感を与えるおそれが有る場合。
        E. そのほか、レッツの目的に著しい支障をきたすおそれのある場合。

      2.2.4 (登録)レッツは、運営に必要な情報について参加者に登録を請求することができる。
        生年月日、性別、氏名、住所、職業、電話番号、メールアドレス
        他参加者に影響を与える恐れのある事項

      2.2.5 参加者は、上記記録時項をプライバシー保護の観点から提示を拒否できる。ただし、レッツに対し、運営上支障がないよう対案を提示することが望まれる。

    2.3 (参加)会員は、レッツの行事に際し参加を要請し参加する。
    2.4 (退会)会員は、レッツに対し申請し、即時退会を求めることができる。
    2.5 (参加者規定)登録会員以外の行事参加者についても、同規約に準拠される。

3. 会則
    3.1 レッツは、参加費を参加者より徴収する。
    3.2 会員は参加した場合、会費を支払う義務を生じる。ただし、1時間以内の参加の場合、会費は徴収されない。
    3.3 参加者より徴収された会費は、事務局により運用される。

4. 事務局
    4.1 レッツは、運営のために事務局を設置する。
    4.2 事務局は、メンバー会員の中から、メンバー全員の支持により1名以上、選出・決定される。
    4.3 事務局は、その責任において書記業務を執り行う。
      A 参加者の招待、参加資格の確認
      B 参加費の徴収、基金の運用
      C 練習会の開催場所、日時の設定とその表示
      D ボールの管理
      E 運営方針、収支を明確にしなければならない。

    4.4 事務局は、必要に応じて、会員に名古屋市スポーツ・レクリエーション情報システムへの登録を要請できる。

5. 免責責項
  • 5.1 (自己責任)レッツは、参加者がレッツの行事中、プレー、あるいは付属する行為、または、その前後の交通利用期間中において、身体上、資産上発生した異常に対し責任をもたない。
  • 5.2 レッツは、その活動期間中の参加者、相手、もしくは、レッツ以外の人または物に対し行われた違法行為、あるいは社会通念上、許されない行為に対し一切の責任をもたない。
  • 5.3 参加者は、レッツにより著しくその参加費に対して損費がある不当な扱いを受けたと認識した場合、レッツより請求された参加費に相当する額の範囲において、この支払いを拒否する権利がある。
  • 5.4 (自己保全)参加者は、レッツの運営が参加者個人の身体、資産に過誤を生じると認識した場合、これを個人の責任においてレッツに対し文書により表現し、個人の責任において判断する責任を有する。レッツは、これを尊重し個人より提案された最大限の措置を講じなければならない。
  • 5.5 (参加者申請)参加者は、以上事項に異議がある場合、早期に申し立てること。異義なき場合、上記レッツ規約を遵守する意志があるとみなす。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:10 平均点:5.00
カテゴリートップ
TOP
次
TENNIS TEAM LET'S概要